げんき☆の花を咲かせたい

声優☆七穂元美のひとりごと

父と私


ひたち海浜公園にて
昨日の写真ですねー

二人とも顔うつってないし。笑

撮影:母

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

これがあれに


生まれて初めて『海で』鮎の稚魚を見ました

ちっちゃー!!


私の実家は那珂川の源流のある市で、これを撮ったのは奇しくも?那珂川の流れ込む海です。


頑張って遡上しておいでよー!!

日記 | コメント:1 | トラックバック:0 |

視界が変わると

ただいま実家へ向かい中
久しぶりに新幹線に乗るわけですが、なんか景色が違うんですよ
ぱーっと開けてるというか
違和感違和感


で、よくよく考えてみたら
この車両はお二階でした
これだけでこんなに景色違うもんなんですね

何度も乗ってるのに今まで気付かなかった

綺麗なんですが、実はカーブでの傾きも一階建て車両より大きくてちょっと怖いのは気のせいですきっとたぶん
日記 | コメント:3 | トラックバック:0 |

結局

風の影にかかる前に北方水滸を…


誰の生き死にに共感に近い憧れを持つか考えると、やはり北方水滸では断然黄信です
悪あがきがかっこいい漢は、潔い漢より時に眩しい
北方水滸はそんな人たちばっかりなので、とても感情移入しやすいです
花栄や安道全もやっぱりいい
しかし、黄信があまりに印象的なのは再起のエピソードがすごかったからですかね
あそこで死んでしまうとばかり…

林冲は眩しすぎて共感はしにくいかな。ただ圧倒される
呉用の孤独な頑張りは好きだけど辛い
公孫勝はただただかっこいいです


ちなみに原典では武松・呉用・晁蓋・燕青・李逵・花栄・阮三兄弟が好きでたまりません(電視台ドラマも同じく)

早く水滸ブームが来ないかなあ
長いので、薦めてもあまり周囲が読んでくれなくて語りあえなくて寂しいんです

この際北方水滸だけでもいいから!(それが一番長いってば。笑)
日記 | コメント:3 | トラックバック:0 |

兄メール


白河が桜満開+積雪だそうです

ちょっと現物見たかった

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

気に入ったのは

神を見た犬、やっと読み終りました。
私は短編を読むのにある意味向いてない人かもしれない…
他の本と平行して読んでしまうんですよね


「アインシュタインとの約束」
が一番好きです
こういうお話好き
なんか、日本の民話とか妖怪話にもありそうな雰囲気
特にラスト一行が、化かされた人が目覚める瞬間のお約束みたいな感じで
でも、目覚めても彼の発見が夢と消えるわけではなく
過程の一部が日常から外れていただけ
真実は誰にも分からない


次は15少年を読もうかと思ってたんですが、風の影が読みたくなったのでそっちから読むかもしれないです
…が、また北方水滸を読み返してしまうかもしれない(既に読んでいるという説も…)
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

うん、おもしろい!

ブッツァーティの
「神を見た犬」
を読み始めました
これもなかなかおもしろい
ネコさりの方が私好みでしたが


そういえば、翻訳物を読む機会って子供の頃より格段に減ってるかも
小学生の頃はいろいろ読んでたなー
ていうか、図書室の気になる本を無差別に読んでたのか
買って読むようになると、つい好きな作家とか偏りますね

宇宙戦争とか、ハックルベリーフィンの冒険とか、黒いチューリップとか気に入って何回か借りたなあ
海底二万マイルも好きだった
エンデやアシモフなんかも繰り返し読んだかな
大草原の小さな家シリーズも読破したっけ
ああ、三銃士も好きだったよ!
小学校の図書室と地元の図書館、結構充実してたんだなあ


いつの間に歴史小説や時代小説ばかり読むようになったんだろうね

そうそう、トムソーヤよりハックの方がなぜか好きです
ん。なんかちょっと冒険譚が読みたくなってきたぞ
短編ファンタジーもいいけど、冒険譚に浸るのはもっと好き

神を見た犬を読み終わったら、実はなぜか読まずに来てしまった15少年漂流記を読んでみたいとか思ってます


…実は北方水滸伝も頭から読み返したいんですけど…
あー、それからやっぱり金庸にも手を出したい気持ちが抑え切れない

書斎のあるおうちに住みたいです
本が本棚に収まりきった試しがありません
日記 | コメント:1 | トラックバック:0 |

これ


通りすがりのドアノブなんです

日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

タイトル略

「猫と共に去りぬ」
略してネコさり。

シラノ~と同じシリーズから出版されてる本で、やはり同時期に購入して読んだのですが

先日、あまり読書しない母に「何かおもしろい短編集はない?」と聞かれたので薦めた所「よく分からない」とスルーされました…

この話を友人としているうちにいつの間にか二人の間でタイトルが「ネコさり」に。笑


文章だから出来る無茶展開満載で非常におもしろいので、皆さん一度読んでみて下さい
割りと手に入りやすいです

店員さんに探して貰う時は略さずフルネームで。笑
日記 | コメント:3 | トラックバック:0 |

告白します

私、本当は人間じゃないんです。
今まで黙っていてすみませんでした。












私…本当は天使なんです。













…日付をご確認願います。
日記 | コメント:3 | トラックバック:0 |
| ホーム |