げんき☆の花を咲かせたい

声優☆七穂元美のひとりごと

ビルじゃないよ


撮りたかったのはビルじゃないよ!

分かりますかね

桜、咲いてます

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ほのあかり


節電で薄暗い街だからひときわ白く

なんだっけ?こぶし?もくれん?

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

いいなと思うよ

もう同じ主旨の話題続きで恐縮ですが

さてさて、節電への協力についてなのですが

私、ただいま手回し発電式の懐中電灯を愛用してます

充電足りないと薄暗くなってくるのは…私の努力が足りないからだぜ


本当、これ優秀だと思うんですよ
だって、電池買わなくていいから店頭から電池消えてた時も平気でしたもん


さらに、ラジオと携帯電話の充電機能が一体化したものもあるんですよね
でも、さすがにかさばるので持ち歩くの躊躇われてますが

コンパクトタイプか携帯電話の充電機専用タイプがもっと普及したらいいと思うんですよ

さらに、通称イタLEDっていうんですか?可愛いキャラ絵つき懐中電灯、の、こういうタイプもいいと思うんですよねー



それから、おうちに圧力鍋や保温調理機(シャトルシェフ?)眠ってる方いたら、今が使い時ですよ!
調理時間短縮!かつ、ある程度の時間なら温めなおしいらず!

実家にいる時に、夕食時に計画停電にあたってまして、灯油ストーブ使う選択肢もあったのですが、いやこんな時こそ!とシャトルシェフでスープ作りまして

兄は出勤してる日だったもので、仕事して帰って来た人に冷たい食事はかわいそうだし、一品だけでも、というのもあったのですが


これが、煮込み時間短縮出来る上に焦げや吹きこぼれの心配もなし、と本当にいいこと尽くしで(余震が来たら思わず鍋かかえてしまいましたが)


そして、母が配膳する際はレバー回しながら懐中電灯を持ってついて回る私


節電は習慣づけていった方がいいと思うんですが、多少はこう、他のメリットあると楽しく出来ると思うんですね


もういっそ、ダイナモつきのルームランナーとかあったら買うかもしれないです
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

私の育ったあたり

の、物言い

「そだこといってられっか!」
「気にしたってしゃあんめぇ!」

まあ、乱暴と言いますか。笑

でも、私は嫌じゃないです

両親と、今回の様々な問題について、うちの集落で長老格だった、だいぶ前に亡くなった祖父なら何て言うかな、と話してたんですが

結論 ↑


意外に真理かもなあと思うのは、祖父はかなり元気な状態で94まで生きたんですよ


しょっぱくて私には食べられない程の漬物に醤油と味の素をかける
しょっぱくて私には食べられない程の梅干しになぜか砂糖をかける
カロリーメイトのコーヒー飲料は箱買いで常備
自分で調合してる(材料は専門店購入)漢方薬常用

で、85くらいまでカブ乗り回し、敬老会の運動会やゲートボールなど一切参加せず
本人曰く「まどろっこしくてやってらんね」

医者曰く、40~50代の体力と身体能力で、体調不良は高血圧と血糖値だけ

確かに走ると早かった

書いててだんだん楽しくなって来たよじいちゃん!

新聞は隅々まで読み風水を嗜み物知りで、近所の駄目市会議員にも一切へつらわなかった
地元の人を騙して廃棄物処理場を作られそうになった時も、嫌がらせされてもじいちゃんだけは折れなかった(うちの父母もですが)

だけど、隠居家にはいつも近所のお年寄りが集まってじいちゃんの冗談で馬鹿笑いしてた人でもある


他、つまんないこと補足しますと、以前は田舎では家庭ごみは普通に庭で燃やしてたので、普通にダイオキシンとか吸いまくってたと思う

で、一時世界で行われていた核実験で飛散して来た放射性物質やチェルノブイリ事故で飛散して来た放射性物質とかありましたが、雨でも気にせず濡れて仕事してた

だから今も大丈夫、というのではなく

「気にしてもしゃあんめぇ!」
という選択肢もある

まあ、実際、我が家はテレビなんかで「長寿村の食生活特集」なんかやってるとじいちゃん思い出して大笑いしちゃうのですが
ちなみに、近所のお年寄りもだいたい長寿で食生活なんて似たようなもんです
減塩する人見たことない!


我が家としては、こういう話をした結果、情報や知識は活用するけど、「そだこといってられっか」「気にしてもしゃあんめぇ」と『判断』したことは気にしないという方針に

うん。うちの畑の菜っ葉おいしかったです



でも、小さいお子さんがいたり体の弱いご家族がいる方は、そういうわけにいかないと思いますが
リスクを無理なく満遍なく減らす為に「ほどほどに気にしない」という選択はあると思います

例えば、硬度の高いミネラルウォーターでミルク作るくらいなら水道水で、とか調度いいのが手に入ったらその時はミネラルウォーターで、とか相対的にベターな選択、の繰り返しでいいと思います
どの選択が絶対安全、とは言えない時に絶対を求めると追い詰められて間違っちゃいますから


我が家で気にすることに決めたのは、

お湯は沸騰させたらすぐ止める→放射性物質の濃縮はさすがに嫌よ・節電・節水の三つの効果

家に入る時は服の埃は払う→重症の花粉症の兄の為含む

うがい手洗い徹底→風邪予防と花粉症の発症予防含む
などです


それでも離れてしまうと実家が心配で心配で仕方ないのですが

それが人間というもので
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今なので思ってしまうこと

かなり棘のあることも書きます。ある意味ジレンマの整理だったりしますので、こういう心の動きもあるんだ、と眺めて頂けたら



かなり心配性な所があるので、不安な気持ちで毎日過ごしていました
ただ、このストレスについては開き直っている部分もありまして、自分としてはあんまり大きな問題ではないかなと
だって、平気なわけないですよ、この状況
誰だって怖いですよ

だから、何か起きたら落ち着いて対処出来るように、ご飯はしっかり食べて、眠りが浅いながらもしっかり眠るようにしてました

これは、水害の時に避難所のお手伝いをしていて学んだことです
不眠不休で救助や警戒にあたって下さる人たちはどうしても気が立ちやすくなったりするので、場をおさめるのにはそうでない人間も必要だったんです
何より、ダウンしてしまうといざって時に手伝えないですから


食べられる時に食べ、眠れる時に眠るのも非常時には責務です


しかし、どうしても堪えられない種類の苛立ちもあるんです

昨日まで、私は原発の100キロ圏内におりました
また、余震も東京より大きなものが多いです

危険の間近にいる方、避難所で過ごされてる方の恐怖や苦しさと比べたらたいしたことはないです
理屈の上では安全なのも納得しています


でも、はっきり言って十分怖いですよ
事態がおさまる前に家族や地元の友達のいるこの場を離れて東京に戻るのは、逃げるみたいで逆に嫌だと思うくらい、本心から怖かった
まだ心配で余計怖い
親戚は90%東北の人ですし

さすがにやらないといけないことあるので戻って来ましたが


もっともっと、想像もつかない怖い思いをしてる人がたくさんいる
その、想像もつかない、ということを忘れてはいけない
そんなことを考えもせず分かったような口をきいてはいけない

心はひとつ?馬鹿言っちゃいけませんよ
だったら、あなたは自分の安全な居場所を譲って、今避難所などで不便を強いられている人と交替出来ますか?私は悲しいし悔しいですが出来ません
言葉を選ぶ余裕がある場所にいるんだから、言葉は選んで使って頂きたい


無力をわきまえて、それでも何かしたいということと、陶酔して自分の無力から目を反らすことは実は行動になるとなぜか似て見えるけど、全然違います

そして勿論、行動することが素晴らしいのでマインドは二の次でもいいのですけど

でも、ちょっとでも考えてみて欲しい

ボランティアに参加したいと思う人は特に
ボランティアの人が「してやってる」意識で、被災者の方に傲慢な態度を取る場面に何度も居合わせたことがあるんです
ほんの一部だと分かってはいますが


どれほど思いやり、心を痛めても人は他人の痛みを本当に理解することは出来ません
その悲しさと向き合ってなお、人を思いやる心があるなら、自分が出来ることや行動に適したタイミングも必ず見えて来るはずです



それから、皆さんはご存知でしょうか?
栃木県の那須塩原駅前に100台を超える自動車が乗り捨てられていたことを
ほとんど全てに近い数で東北ナンバーだったそうです

自治体の職員さんは避難しようと那須塩原から新幹線に乗って行った方たちの心情を思うと責めることは出来ない、とのことで、駐車場を新しく設け、乗り捨てられた車もそちらに移したようです

100台もの車を乗り捨てられたらバスも非常車両も身動き出来なくなります
万が一車両火災などあったらひとたまりもありません

また、この事態が起きたのは原発の危険が大きく伝えられた頃からでした


気持ちは、察せられます
でも、他の人への迷惑や危険についてはどうでも良かったのだろうか、とも考えずにはいられません

駅前の派出所や駅員さんに相談出来ないほど慌てていらしたのですか、それとも相談しても無駄と思ったのでしょうか

今はただ、車の持ち主の皆さんが笑顔で戻って来られる日を祈って待つばかりです


行政含め、地元の友人知人、知る限りの人は全て、力を貸せるならば貸したいと心づもりがある方ばかりでした

実際、そういった話や感謝の声や、たくさんたくさんあります
しかし、一方でこういうこともある
だからと言って、こんなことがあったから手助けしたくないなんて人は勿論いません


ただ、この両面が事実です

遠くで報道の美談に盛り上がるだけの人には目に映らない現地です

被災地域から近く、自分たちもひょっとすると危ないんじゃないかと心配しながら、だから被災地域の方たちの気持ちに他の地域より少しだけかもしれないけど近い気持ちの人たちが住む場所の話です



自分たちも生活しなくてはいけない。だけど、他の人にも無事生きてほしい

それでもやっぱり足を踏まれて知らんぷりされたら悲しいですよ



それから、放射線量の話など
私、福島産茨城産栃木産の野菜欲しいからスーパーで売ってくれませんか?
というのは置いておいて

きちんと情報を見ると現状では健康被害のない数値なのは大部分の人は分かってるんです
それでも怖いのは、もし万が一、数値が上がる事態になったら、と思うのと家族や友人や、守りたい人がいるからです

だから、数値の問題じゃないんです
それをおそらく東京の人が「○○ほどじゃないから」と発言したのをある場所で目にしました。一応内容伏せますが
じゃあ、これから浴びに行って下さい

そもそも、放射線の種類も放射性物質の種類も違いますよ

だいたい、怖いのは理屈じゃなく怖いもんですよ
同じ場所に立ってから言え
問題点が全く違う


水のこととか、お母さんたちなら心配になって当たり前だと思う
一方でデータ上安全なのに育てた野菜を廃棄させられる農家の方が本当にかわいそう
私だって、原木作りお手伝いした椎茸がこれで捨てられたらと不安になるだけで泣きましたよ
農業も愛情だと、地元の人たちに身をもって見せて頂いて育って来たので


そして、心を痛めながら野菜を廃棄する方の中に、大切なお子さんの為に水の心配をされてる方もきっといるのでしょう




そうだな
たくさん文章にさせて頂いたら少し落ち着いた

前向きな、明るい気持ちで出来ることをしていきましょう
でもそれは、何かに「流されて」「盛り上がって」じゃない方がいいですよ

ひとつひとつ、静かに考えて決めて行動することは、打ちのめされること多いけど、大切なこと落として壊したり道を間違えることは減ると思う


義援金なんかも、例えば今無理な人は無理しなくていいと思います
復興にはきっと時間かかるので、みんなで最初に無理して息切れしたら後で足りなくなっちゃいます
ボランティアもしかり

自分も大切にしながら、長くしっかり助け合って行きましょう
無理や無茶は、しどころを見極めて

力を蓄えつつ、分け合って行きましょう
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

頑張ろう

こういう時、頑張れって言っちゃいけないって言うじゃないですか

でも、ここで頑張らないわけにいかない人がたくさんいる状況です

だから、ストレートに「頑張って!」と応援したい

頑張るは英訳するとネバーギブアップ?

頑張るは、負けないこと・くじけないこと・折れないこと

無理や無茶しろってことじゃない


だから、頑張りましょう!
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

おかげさまで

皆さまもまだまだ大変な状況の中、ご心配や励ましのお言葉頂きまして、ありがとうございました

おかげさまで、叔母、無事に帰って参りました


この経緯に落ち着くまで?事態が二転三転?しました


なかなか連絡取れない中、最初にこちらから取れた連絡では叔母の家族自体が叔母と連絡取れず所在不明→叔母、なんとか帰宅→震災発生時外出先だが所在は分かっていた末の従姉妹が行方不明に→叔母宅、津波に飲まれかけるが手前で止まる→従姉妹帰ってくる。一度車ごと津波に飲まれ救助されていたとのこと。それは携帯も通じなくなります→祖父の通夜には間に合わなかったが葬儀に一家で駆け付ける→また仙台に帰って元気に片付けやボランティアしてます←今ここ

叔母の無事を祈って頂きました方々、ありがとうございました


しかし、背筋の凍る思いは続きまして

祖父の葬儀は福島県で執り行ったのですが、棚倉の斎場でおときを頂いてたら、下から二番目の従姉妹が「大変だ」と

葬儀中は誰も携帯もテレビも見やしなかったのですが、最中に原発が大変なことに
しかも、県内屋内退避、と別の従兄弟が情報追加


白河より若干原発に近い所にいたし、白河に戻った頃には雨が降り出すしで、親など上の世代が軽くパニック

福島県のホムペ確認した所、念のため県内の皆さん予防しといてね、くらいで避難・退避ではありませんでした
が、親戚内のパニックを宥めるのにちょっと頭を痛めたり


この件についてはいろいろ感じたこと考えたことはあるのですが、それはまた別記事にて


最後に、祖父もやはりこの震災の被災で亡くなったようなものでした
やっと詳しく状況を聞いたのですが、亡くなる直前、病院で断続的な停電があったとのこと
祖父は、呼吸器なしでは呼吸出来ない状態でした

けれど、我等孫ズとしては叔母や従姉妹を助けに行ってくれたのだと、やっぱり思っています


じいちゃん、ありがとうね

大変な状況まだ続くけど、頑張るよ!


ご心配頂いた皆さまも、本当にありがとうございました

予断を許さない状況が続きますが、無事に乗り切りましょう

そして、何度でも
お亡くなりになられた尊いたくさんの方々のご冥福を心よりお祈りしております

今、避難生活されてる方、危機にさらされている方、困難と戦って下さっている方、みんなみんな早く平和な生活に戻れますように
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

実家到着


昨夜到着出来ましたが、結構揺れていてリビングでそのまま寝ちゃいました

そして、マイ実家ルームにて発見!
無傷ではないけれど、頑張った!
割れていませんでした

トントロ!

今日も頑張ります

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

神様にも仏様にも

お願いします。もうたくさんです

非常時はスイッチ入って気丈でいられるタイプなのですが、もう限界

多くの方の無事と、ご冥福と、せめて、完全無事でなくてもいいので、生きてて欲しいと祈ります

天災だけでなく、原発事故の起きた可能性まで…(政府の正式発表を待ちます)
原発事故、せめて、人がいない方向に風を吹かせて下さい
非科学的発言になりますが、自然界の浄化作用がいっぱい働いてくれますように
放射能自体が自然界にもあるものなら、すぐにバランスを整えて下さい





実は、入院していた福島の祖父が亡くなりました。災害で、というよりはタイミングが重なった…ひょっとしたら大地震のショックが引き金になって、かもしれません


それで今、なんとか栃木の実家に帰省中です
電車途中までしかないので困ってますが


それから、仙台に従兄弟一家がいるのですが、叔母だけ連絡が取れません
連絡取れないだけで、どこかの避難場所にいてくれると信じてます

だから、私はまだじいちゃんの冥福は祈れません
叔母様を守って下さい
いえ、きっと叔母についててくれるはずです
叔母様もじいちゃんも頑張って



みんなみんな、頑張って下さい
神様仏様も頑張って下さい

もうたくさん被害が出ています
それでも、少しでもたくさんの人に生きていて欲しい
早く、大切な日常に戻って欲しいです
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

とりいそぎ

皆さん、地震の中、ご無事ですか?ご自身の身の安全を最優先で行動して下さい。
もうだいぶ被害が出ておりますが、せめてこれ以上の被害が出ませんように。

私は、さいわい何事もございません。足止めはされていますが、これくらいのことはなんでもないです。

これ以上被害が出ませんよう、救出や避難・復旧がスムーズに進みますように。


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |