げんき☆の花を咲かせたい

声優☆七穂元美のひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

まだまだ

この世には知らないことがたくさんあるなあ、と思う。
当たり前だけど。

今年は、年末年始の帰省時に、よく縁側やベランダでニホンミツバチを拾いましたのよ(※生きてる)

なんの疑問も持たずひなたに放してましたが、今ふと思い出し

ニホンミツバチって冬眠しないの?




……………………………………しないんだ!?
幼虫の餌を集めにちょっとだけ外出とかもしちゃうんだ!?

巣の場所がわかってたら、近くまで連れてってあげたのになあ

お疲れさま!


ニホンミツバチって可愛いよね

高校にも巣があって
「臆病でおとなしいのでおどかさないで見守ってあげて下さい」
って看板がありました(文面ちょっとうろ覚え)

むやみに刺して来ない蜂さんなら好きです
スズメバチは嫌い!怖い!他のおとなしい蜂のこともいじめるしさ。

ニホンミツバチは天然記念物でもあります
見つけたら見守ってあげてね♪
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

軸?

ふわっと思っただけのことなのだけど

ものの捉え方の軸
私は、育った地域の自治体の「新しい」「伝統芸能」と一緒に育ち、育てて貰ったんだなー、と
歴史好きはその前からだし、お芝居好きなのはさらにその前からなのだけど

「新しい」「伝統芸能」というのは、「ここから、今から伝統芸能となるまで育てて繋いでいこう」という願いが込められた新しい郷土芸能を私が初対面でそうとらえたことの表現でもあります


歴史好きとしての私は、特にそこからの影響が大きいと思う
受け継がれるものへの興味、といいますか

流れのなかで形を変えたもの、残ってきたもの
そして、この時代を通過して受け継がれるものが、形を変えること、あるいは変わらないこと

ただそこにある事象の不思議
そこに、必ず誰かの想いがあることの不思議


理想はあっても人それぞれ
思惑もあって
辛抱遠慮がうまくまわらなかったり、浅薄な選択もままあるでしょう
奇跡のような想いや願いも、こめられる

受け継がれるものにそれらが反映されていく
どの受け継ぎ方が正解か誰にもわからない
正解はなくて事実が残る
それもまた遠い未来から見たらひとつの歴史になり


ここから振り返る歴史にも、たくさんのものがすでに反映されている
それを忘れずにそれごと楽しめたらいいな、と思う
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。