げんき☆の花を咲かせたい

声優☆七穂元美のひとりごと

真実は問いかけることにこそ

真実とは問いかけることにこそその意味もあれば価値もある


ひそかに座右の銘のひとつです

さて、ここ数回の日記からお気づきの方もあったかもしれませんが、
私「ジャイアントロボ~地球が静止する日~」が大好きでして
実は、最低でも年に一回から二回は必ず全編見ております

体力消耗するので、そんなにヘビーローテーションはしないのですが
あと、見て感じたことを吸収するのにも時間使うというか


声優を志したきっかけ自体は別なのですが、自分のふがいなさや現実のままならなさ
にくじけそうになったとき、支えになってるのはこの一作です

こんな風に胸が熱くなる、熱くするものがあるなら、自分もそれになりたいと


ここのところどうも疲れ気味で体調を崩したりもしていたので、ふと思い立って
見始め、勢いで電車での移動時など中心に横山作品をガツガツ読んでいるのですが


水滸伝効果もあったかもしれませんが、今回の視聴で一番気になったのが
鎮三山、こと黄信指南

「真実とは~」という台詞や大作への叱咤のシーンは以前からすごく好きなシーン
だったんですが、その付近のシーンの何気ない台詞にはっとさせられました

「誰もが既に手は尽くした。それがわからんのならお前の勝手にするがいい」
とにかく、やれることはやっている。そのことを結果から過大評価も過小評価もしていない
か…かっこいい!

バリアがやぶられ、迫る大怪球に条件反射のごとき自然さで剣を抜いて向かっていこうとする
ほんとに、やれることはやってる!かっこいい!
(そりゃあ、この作品の人物なので剣一本でもそこそこ何か出来たかもしれませんが、しかし、
普通に考えて無駄だし無謀。でも、やる。それが自分の出来ることだから)

そういう行動があまりに自然ていうのが、すごい

今川監督は、何度見ても楽しめることを意識して作品づくりをされたそうですが
ほんとに、そうですね

複線の張り方や単純なクオリティももちろんですが
年齢や見たときの状態が変わると違ったものが見えてくる。いつもいつも

それと、もういっちょ
呉先生の台詞「まだ何も答えは出ておりません。それに長官はいつもおっしゃっているじゃありませんか。戦いは己の力を出し尽くした時こそが、本当のはじまりだと」

全力を尽くしても、まだやれることはある
すごく厳しいのですが、すごく救われた気持ちになりました

自分はこんなもんだ、なんてあきらめなくていい。まだ、頑張っていいんだろう


GRは私の心の栄養剤です
ついでに、せっかくなので公表してしまうと

今川監督作品に出るのが、具体的な夢のひとつです

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<リンク追加~ | ホーム | 東風吹かば>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |