げんき☆の花を咲かせたい

声優☆七穂元美のひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

遂に約半分

北方水滸伝が、です

九巻まで読了
やっぱり秦明将軍好きだ!安道全も好きだ!
特に今巻は秦明将軍の小さな恋のメロディに周囲の好漢たちが見てらんなくて口はさみまくりというコミカルな展開に目が釘付け
勝手に諦めたり勝手に失恋したと思い込んで頭抱えたりしてる秦明と「替天行道」の旗の下に「梁山泊は霹靂火の恋を応援しています」の横断幕を掲げかねない一部の好漢たちというほのぼのムードは、ハードな展開の中の一服の清涼剤ですよほんとに

物語の歯車は宋との全面対決へと加速を続け否が応にも高まる期待とのバランスがまた素晴らしい

読書中にかなり感情移入する癖にあんまりこういうことは思わないタイプなんですが

あの…

秦明将軍にだったらプロポーズされてみたい(〃_〃)ゞ

あああ言っちゃった…
恥ずかしいなーもー



祝家壮の戦いや流花塞設立・林冲の(自主規制)も勿論すっごく面白かったし熱かったんですが、こういう核心場面のネタバレ避けた上での感想はなかなか難しいので、そういうのはいずれまた~
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<栗本薫先生 | ホーム | もらいました>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。