げんき☆の花を咲かせたい

声優☆七穂元美のひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

繰り返し読む

読書について、私は基本乱読タイプなのですが、気に入ったものは延々繰り返し読む習性もあります
「北方水滸伝」なんかもかなり読み返してるんですが、最近はもっぱら「シラノ・ド・ベルジュラック」
人生の財産の一冊ですよこれも
舞台や朗読でやると仮定して
舞台ならシラノ、朗読ならクリスチャンをやりたい…(コンプレックスが浮き彫りになる方ですね)
どうして私はいつもこう…最初にロクサーヌやりたいとか思わないんだ…
賢くて本当に素敵な女性だと思うんですが
でも、シラノやクリスチャンのやるせない気持ちに共感する所がより強いので
シラノはかっこいいとも思うし!


ちなみに、筆頭でやりたいヒロインがないわけじゃないです
ベニスの商人のポーシャとか天守物語の富姫とか大好き
ポーシャと言えばブルータスの奥さんもポーシャですね
で、思いきりそれますが、実は水滸伝で宋江に殺されてしまう閻婆惜も「ポーシャ(ポーシとも)」
大切な娘、くらいの意味の名前なんだとか

…これ、出典どの本だっけ?
読み散らかしてるからよくこんなことになります。笑
日記 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<……こ、これは | ホーム | トントロ、入浴に行く>>

コメント

ともやさん
ああ、シリーズものが途中でわからなくなるのってあれですよね
最近は通し番号振ると売れなくなるとかで、サブタイトル変えるだけなんてのも増えたとか

でも、おもしろければどんなでも読むんですけどね
もっと自信を持って出版してほしいものです
2010-07-08 Thu 21:13 | URL | もとみ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。