げんき☆の花を咲かせたい

声優☆七穂元美のひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

結局

風の影にかかる前に北方水滸を…


誰の生き死にに共感に近い憧れを持つか考えると、やはり北方水滸では断然黄信です
悪あがきがかっこいい漢は、潔い漢より時に眩しい
北方水滸はそんな人たちばっかりなので、とても感情移入しやすいです
花栄や安道全もやっぱりいい
しかし、黄信があまりに印象的なのは再起のエピソードがすごかったからですかね
あそこで死んでしまうとばかり…

林冲は眩しすぎて共感はしにくいかな。ただ圧倒される
呉用の孤独な頑張りは好きだけど辛い
公孫勝はただただかっこいいです


ちなみに原典では武松・呉用・晁蓋・燕青・李逵・花栄・阮三兄弟が好きでたまりません(電視台ドラマも同じく)

早く水滸ブームが来ないかなあ
長いので、薦めてもあまり周囲が読んでくれなくて語りあえなくて寂しいんです

この際北方水滸だけでもいいから!(それが一番長いってば。笑)
日記 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<視界が変わると | ホーム | 兄メール>>

コメント

ともやさん
ほかの記事でもコメントしてる内容ではありますが
興味を持っていただけて本当に嬉しい!
大好きなんですよ~
少しずつでも、楽しんで頂けますように
2010-07-08 Thu 20:58 | URL | もとみ [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
2010-07-09 Fri 22:57 | | [ 編集 ]
マテライトさん
コメントありがとうございます
やっぱり黄信ですよね!同志がいて嬉しいです!
2010-08-13 Fri 12:14 | URL | もとみ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。