げんき☆の花を咲かせたい

声優☆七穂元美のひとりごと

やっぱり違うものかも

演じる上で決して貴賎はないけれど、やっぱり、「自分の役」って愛しいんだなと思います。
チェックを兼ねて、作品サイトのサンプルボイスを聞いていたのですが、唐突に、「あ、この子、どこかで生きてる」って感じました。
私がどう演じる、とかじゃきっとない。
もっと耳を澄まして、お話し合いをしてみたいと思います。
うまく言えないけど、私がいるからこの子がいるし、この子がいるから私がいるんだなって。
私=この子、ではないけど、もう、この子は私と繋がってるんだって。
すごく、嬉しいですね。愛しいですね。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<私は少年! | ホーム | 今年の忠臣蔵>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |