げんき☆の花を咲かせたい

声優☆七穂元美のひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

おかげさまで

皆さまもまだまだ大変な状況の中、ご心配や励ましのお言葉頂きまして、ありがとうございました

おかげさまで、叔母、無事に帰って参りました


この経緯に落ち着くまで?事態が二転三転?しました


なかなか連絡取れない中、最初にこちらから取れた連絡では叔母の家族自体が叔母と連絡取れず所在不明→叔母、なんとか帰宅→震災発生時外出先だが所在は分かっていた末の従姉妹が行方不明に→叔母宅、津波に飲まれかけるが手前で止まる→従姉妹帰ってくる。一度車ごと津波に飲まれ救助されていたとのこと。それは携帯も通じなくなります→祖父の通夜には間に合わなかったが葬儀に一家で駆け付ける→また仙台に帰って元気に片付けやボランティアしてます←今ここ

叔母の無事を祈って頂きました方々、ありがとうございました


しかし、背筋の凍る思いは続きまして

祖父の葬儀は福島県で執り行ったのですが、棚倉の斎場でおときを頂いてたら、下から二番目の従姉妹が「大変だ」と

葬儀中は誰も携帯もテレビも見やしなかったのですが、最中に原発が大変なことに
しかも、県内屋内退避、と別の従兄弟が情報追加


白河より若干原発に近い所にいたし、白河に戻った頃には雨が降り出すしで、親など上の世代が軽くパニック

福島県のホムペ確認した所、念のため県内の皆さん予防しといてね、くらいで避難・退避ではありませんでした
が、親戚内のパニックを宥めるのにちょっと頭を痛めたり


この件についてはいろいろ感じたこと考えたことはあるのですが、それはまた別記事にて


最後に、祖父もやはりこの震災の被災で亡くなったようなものでした
やっと詳しく状況を聞いたのですが、亡くなる直前、病院で断続的な停電があったとのこと
祖父は、呼吸器なしでは呼吸出来ない状態でした

けれど、我等孫ズとしては叔母や従姉妹を助けに行ってくれたのだと、やっぱり思っています


じいちゃん、ありがとうね

大変な状況まだ続くけど、頑張るよ!


ご心配頂いた皆さまも、本当にありがとうございました

予断を許さない状況が続きますが、無事に乗り切りましょう

そして、何度でも
お亡くなりになられた尊いたくさんの方々のご冥福を心よりお祈りしております

今、避難生活されてる方、危機にさらされている方、困難と戦って下さっている方、みんなみんな早く平和な生活に戻れますように
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<頑張ろう | ホーム | 実家到着>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。