げんき☆の花を咲かせたい

声優☆七穂元美のひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

原子力問題について考える

ずっと思ってたこと、まとまって来たので記しておきます




原子力発電所の事故、まだ収束しませんね
大変扱いが難しいものなので、専門家の皆さんに命を預けて無事やり遂げて下さるのを祈るばかりです


この状況だからこそ、私は「原子力はいらない」という言い方はまだしたくないと思います
もちろん、賛成派でも推進派でもありません
出来れば、ない方がいいという思いはあります

ではなぜ「いらない」と言わない、いえ、言えないのかといいますと
福島県の原発で発電した電気、東北では使わないで関東で使ってたんですよね
関東の人間、原発建設する時に地元の人ほど真剣に反対したかな
他の人を、直接利用するわけでもない人を危険にさらしてまで豊かな電力はいらないって

結局、いざこうして自分たちも危険かも、となったら騒ぐわけで
でも、考えて欲しい
もし自分たちが原発の近所に住んでたら、そして騒ぎを聞いたら
「そんなにいらないものを無理に引き受けさせられてたのかよ。最初から言えよ」
って思いませんか?


それから、今原発で危険な作業にあたって下さっているのは、消防や自衛隊の他、多数の「原発のプロ」の方たち
平時、原子力発電所に関わる仕事で生計を立てていた方たちです

それを考えると、短絡的に原発を悪者にして解決しようなんて考えてはいけないと思う



私は、不思議に思います
水力発電の為にダムの底に村が沈んでも、ダムの決壊で水害が起きても、都市部でその電気使ってる人は他人事で、ダム作るのやめようって言わないのにな


今私たちが「いらない」って言わなければいけないのって、自分たちに関わることなのに自分たちさえよければいいや、という「無関心」と、都合の悪いものを短絡的に否定する「切り捨て、見捨て」ではないでしょうか


原子力発電のように、リスクが高いものは、なんとかなくしていけるようになれば、と思います


では、代わりはどうするのか
電気を我慢して全部の原発止めますか?
それとも「いらない」って騒ぎながら安全な場所で原発で作った電気を使いつづけますか?


まずは、自分たちの通ってきた道を振り返りましょう
見落として来たこと、見捨ててきたことをもう一度見てみましょう

それから、エネルギー問題全体についてみんなで考えていきましょうよ


よくわからないから、国が大丈夫っていうから大丈夫なのかな、と詳しく知ろうとしなかった
そこから、反省したい


考えて考えて、答えが出るまで
ずっと考えても答えが出ないなら考え続けましょう

私は、そこから変わるものがあると信じています


早く事故が収束しますように
そして、関わった全ての人にみんなで笑顔でありがとうって言えますように

一日でも早く、原子力発電所が必要なくなったらもちろんその方がいい
その時に、発電所にも今までありがとうって、発電所の人にも今までありがとうって言える未来に出来ますように

悪いのは、原子炉じゃありません
まあ、利権絡みでプロであるにも関わらず分かっていた危険を隠した人たちは悪いですが、作業して下さる人は悪くありません


悪いのは、きっと私たちみんな

ただ原子力発電所を廃止にして、今までの姿勢を改めなかったら、臭いものに蓋をするだけで考えることをやめてしまったら、いずれ別なことで同じことを繰り返してしまう

既に問題は起きていて、福島県から避難して来た人への差別や嫌がらせがあるそうですね
信じらんない
彼等に大変な思いをさせて迷惑かけたのは、誰ですか?
労るべき相手を攻撃して、排除して目に見えない場所に追いやってあとは知らんぷり?
まあ、楽でいいでしょうね
私は大っ嫌いですがそういう生き方

考えなければいけないことから逃げるからそうなるんだと思うんです
そういう怠惰はそれこそただの悪ですよ、変えていきましょうよ


考え続けるって実際難しいことだけど、本当に、みんなで考えていきましょう
答えが出ないかもしれないけど、それは答えが出ないということとの戦いだとも思うんです
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<うれしいうれしい! | ホーム | 引き続き>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。