げんき☆の花を咲かせたい

声優☆七穂元美のひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

見て、感じて、考える、

ことが好き!!(タイトル長くてエラーになってしまったので分けたよ)


私に限ったことではないのですが、見て感じて考えることが好きな人ってたくさんいると思います。むしろ、嫌いな人っていないと思う。
何をスタートの「見る」にするのを好むかで趣味が分かれはしますけど。
体験することも、実際に自分でやっている状態での景色を見ることですし。
見ることも感覚なので、感じて考える、とまとめてしまってもいいのかな。

ブログをご覧の方はお分かりかと思いますが、私は歴史が好き!他にも好きなものたくさんありますけど、特に興味深いのです。

それで、私はここのとこずっと考えていたのです。
歴史の魅力って何かな、と。
そして歴史が好きなことの意味。

それは私にとって、星空と同じような広がりのあるもので、星と同じ存在意義のあるものだと、そんな結論に至りました。とりあえず。
ちなみに私、星も大好きです。知識ないですけど。

星の光は、とても長い時間をかけて届きます。
今見ている星の光は何年も何百年も前のものだし、大気の揺らぎひとつでも、もとの光とは違って見える。環境次第では見えなくなってしまうこともある。
似ていませんか?

星の光は、時に道しるべにもなる。
星座としてとらえるなら、そこには物語がある。
その物語を特に好む人もいますね。
星そのものの真実を知りたいと科学的根拠に基づいて星をとらえる人もいる。
天体の運行を大きな流れととらえて未来を見る人もいる。

ただ、その光が届いていることに魅せられて空を見上げる人もいる。
肉眼で見える範囲で満足の人もいるし、望遠鏡で細かく見る人もいる。
似ていますよね。

プラネタリウムとして表現することや、それを好んで見ることはまさしく歴史ドラマや時代劇ではないでしょうか。

どの楽しみ方も、愛し方も、尊いものだと思います。


そんな中で、私はなんなんだろう、と考えます。
アカデミックに研究したかったら学者さんになりたかったろうし、プラネタリウムとして表現したかったら、時代劇専門の劇団に入ったり、そういうプロダクションに入ったりしたかったと思う。
でも、そうではなかったわけで。


たぶん私は、見て感じて考えたことを、伝えたいのだと思います。それだけなのかも。

もちろん知識も欲しい、本当のことが知りたい。
でも、例えば通説や記録が間違いだったとして、どうしてその情報になったのかも面白いし、本当のことを知れた時のわくわくも感じたいから、最初の自分の知識が間違いでもそれはそれ。そして、本当のことを知ったのが偶然だったり、気付きの瞬間があるととっても嬉しいし、教えてくれる人がいたら、ほんとに凄いなと思うし、やっぱりとっても嬉しい。
そういうの全部まとめて、歴史そのものだけじゃなく、好きでいると出会ういろんな気持ち含めて、星みたいに道を照らしてくれるものだと思う。

それで、こういうこと全部をぐるぐる考えること自体が私ほんと好きなんですよ(笑)


私は、必要なことは必要な時に自分のもとを訪れると信じて生きたいと思ってたりします。
なので、たとえばブームとかまるっと無視したタイミングで何かにはまることも多いし、流行してるって知らないこともあります。
でも、それでいいんじゃないかな。
昔流行した本をふと手にする機会があって、それが「これは、今だからこんなに感動出来るんだな」と思うタイミングだった時、なぜか生きることの不思議を感じたりします。

今私のところに届いてる光は、今私に必要なもの。
ベストのタイミング。
傘を忘れて夕立に会うことも、きっとベスト。

どうしても割りきれないことも中にはあるけど
出来ることなら時間をかけて自分の中の小さな歴史として光になってくれたらいいなと願います。


きっとみんな、そんな星の光を持ってるだろうし、歴史好きのお仲間さん達には、そんな出会いがそこにあるでしょう。他の好きがある人にはそこに。
迷った時に知恵を貸してくれる。挫けたときに道を示してくれる。同じことについて語り合う友を連れてきてくれる。今の社会や自分のルーツとして振り返ると見守ってくれている。


歴史っていいですね。星っていいですね。
感じて考えるって、ほんと楽しい。
とりとめなく考えるのってほんとに贅沢なこと。



というわけで、私はゆるっと情熱的に、好きなことを感じて知って体験して考えて表現して伝える、そんな人間でいきたいです。
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<小峰城! | ホーム | 大◯◯展>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。