げんき☆の花を咲かせたい

声優☆七穂元美のひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

小峰城!




さてさて、写真添付の順番ミスってないといいな。

震災で石垣がかなり崩落してしまい、一時は立ち入り禁止だった小峰城
着々と復元工事が進んでおります

もともと市民の憩いの場であり、まちのシンボルであり、という場所なので、活気が戻ってきたのは嬉しいですね
(とかいいつつ、子供の頃にはよく行ってたのに記憶が朧気だったり。笑)

さて、また別に写真あげて記事書きますが、この小峰城の石垣、谷積みとも落とし積みとも名前が出てくるんですが、日本で三ヶ所しか見られないちょっと特殊な積み方だそうで
部分的に普通ののづら積みも見られますけど
なんか、積んだ線が同心円状の半円模様になるんです。正直かわいい

とにかくそんななので、積み直すにも専門家に来てもらわないと、そしてハイテク駆使しないと

というわけでいろいろ調べて作業開始となるわけですが、最初の頃に調査に来た人がとっても感動してたのが、震災でも崩れなかった部分
しかも、そこがおそらく一番古いらしい
なぜって……積み方がそもそも古い
説明員の人の話では「古式穴太積って言ってたよー」とのこと。
穴太衆ですか!石垣積みのスペシャリストさん達ですね(くらいの認識)
これって、現代だとロストテクノロジーなのでは……とわくわくしますね!
ちなみに、真下のお堀は釣り場として近隣住民の憩いの場になってます

そして、わたくし注目しましたのはその方角
阿武隈川の流れを変えて二重の掘りに見立ててまで守りを固めた北側。
そして、例の部分がそっち側
……戦を想定した部分から、迅速に、頑丈に、作ったんですね。櫓も真上にありますし。(絵図の写真で点で印したあたり)
しかし、戊辰戦争では南からの敵だったんだなあ、と心で流れる堀内孝雄の愛しき日々(それは会津ですけど)
実際の布陣の記録がどこかにあった気がするのですが、そんなだったはず

お城を見るときは、どちらに敵を想定して築城したかで見ると面白いし、当時を知る手懸かりになる、と詳しい方から教えて頂いたのですが、ほんとその通りなんだなーって、わくわくしました


そしてそして、実際の修復作業でとっても役に立ってるのがなんだかわかります?
こういうブログにあげてある写真や、有志の方から集めた写真なんですって!!

ややこしいので、ご興味おありの方は調べてね、と丸投げしたいとこですが私の説明出来る範囲で

崩れた石垣を解体→割れてない石をひとつずつ写真撮影→崩れる前の写真とコンピューターで計算して一致させ、割れた石は同じ形のものを作る→その図にそって元の場所へ順番に積み直す

で、ここでネックだったのが写真一枚だけだと、木なんかが邪魔で見えないところがある
でも、いろんな季節のちょっとずつ違う角度の写真をたくさん集めることで情報が埋まる→元の姿が完全にわかる!

ハイテク&人の和!

そんなこんなの話も、あと数年は作業が続くとのことでその間ならとくにリアルに聞けますので、これでご興味頂けた方は是非行ってみて下さい
駅から近いのも魅力ですから(笑)
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<刀剣王国の、照明 | ホーム | 見て、感じて、考える、>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。