げんき☆の花を咲かせたい

声優☆七穂元美のひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

おおお……驚いた!

前回の記事で燭台切は再刃するより写しを作ってもらう方が歴史スキーとしてはいいなぁ、て概要のことを書いてたのですが

直後に、徳川ミュージアムさんもそんなご計画でいらしたことが判明!もちろん私はなんにもしてないのだけどなんか嬉しー!!

こういう事例もっと増えて欲しい!
今と、今復元された過去を同時に見られるって、感じとることの幅、考察出来ることの幅がすごく広がる。

そして、焼けてしまっても、姿が変わっても存在していた、という感動がずっと受け継がれる上に、写しを作る刀匠さんの技術力や挑戦などへの新しい感動がこの先に追加されるわけですよ!


ああもう、歴オタで良かった(*´∇`*)



この感動はお芝居の感動にも似ているなぁ
役者でよかった
だからもっと、作る機会を下さいませ
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<抜けば玉散る氷の刃 | ホーム | 水戸の徳川ミュージアム>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。