げんき☆の花を咲かせたい

声優☆七穂元美のひとりごと

抜けば玉散る氷の刃

はい。八犬伝に登場する名刀村雨丸!
信乃が足利家へ返還した後どうなったかなー、という妄想が駆け巡ったので覚え書きしておくだけです


足利氏姫経由で喜連川藩にもたらされて、戦後のごたごたでの接収を避けるため分家に預けられ隠されていたのを、蔵で女子高生が見つけてまた冒険が始まればいいんじゃないかな!
誰かそんなシナリオ書いて私に下さいませ(*´∇`*)

小篠とか落ち葉とか、関連する架空と思われてた名刀を持った「剣士」たちが集まって……何と戦おう?
江戸時代のお話でもいいのか。
喜連川の姫が今の栃木県あたりでゴーストバスターしたり、領民を守る為に戦うよ!
大角の奥さんだった雛衣が伏姫みたいに力を貸してくれるよ!

ちなみに、なんで主人公が姫なのかって?
馬琴さんも八犬士の設定を決めるのに、伏姫になぞらえるために最初の犬士を「男にして女」の女装育ちの信乃にしたからであります。そして、最後の犬士は「女にして男」「作中一番の美少女」の毛野。なんでも、毛野の場合は生まれる前に性転換(仏教の概念で変性男子?)してるので、そういう扱いでよろしくってことらしいです。



たまたま本屋さんで東国の争乱関係のコーナーを見つけまして、地元愛と八犬伝萌えが化学反応を起こしてしまったんですねー

私、実は戦国時代にはそれほど強くないのですが、戦国時代好きな人が読んだらまた違う角度で八犬伝楽しめると思う……戦国時代初期……なのかな多分
八犬伝のことの起こりは結城合戦(in茨城。@室町時代終盤?)で、この時期の幕府のごたごた内乱やお家騒動から世の中が乱れて戦国時代へ……という感じのはずなので、おおざっぱに

なんでこんなアバウトな書き方なのかって、今出先で何も手元にないの(笑)
あとでちゃんと整理します(脳内を)

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<乙女に大事なのは | ホーム | おおお……驚いた!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |