げんき☆の花を咲かせたい

声優☆七穂元美のひとりごと

赤穂事件についておぼえがき

赤穂事件の真相と、赤穂事件が後世に語り継がれるにあたっての忠臣蔵(演劇)の功罪と、とさまざまな面で長いことふんわりと興味が尽きないまま時代劇やらなんやらを楽しんでいるわけなのですが

それにしたって、やっぱり腑に落ちないのが武家緒法度に外れる不公平な裁き
浅野が吉良に切りつけたことを喧嘩を売ったと取るか一方的な暴力と取るかで喧嘩両成敗を適用するかどうか分かれるんじゃないの、というのはよく言われることではあるのですが

その中でこの一点を今までなんとなく流して来ちゃってたんだけど、吉良家が徳川の前の将軍家である足利の流れをくんでいることって、ひょっとして無関係ではないのかも?と思ったり
喜連川(足利本家)への特例扱いとかもあるわけだし
喜連川家は厳密には徳川家の家臣ではないという扱いなんですね
他の足利系統の藩にこれがどれくらいの影響があったのか、このあたりが浅野の即日切腹(しかも庭先で)とか、その裁断を下した人への処罰とか、に関わってくるんじゃないかと思ったり


さて、国会図書館に頼るべきかどこかの大学の図書館に頼るべきか
どんな資料をあたればいいのかなー
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<判例に基づいてた | ホーム | 視点を変える>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |