げんき☆の花を咲かせたい

声優☆七穂元美のひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

こういう催しに行ってきたよ

http://mottorekishi.com/yoshiteru/news/detail.html?id=547

『教科書には書ききれない!日本史講座』
講師は金谷俊一郎先生


とーっても楽しかった!
天正遣欧少年使節、宇喜多秀家、足利義輝について、実際の入試問題とも絡めつつのお話などだったのだけど、宇喜多秀家ですごい笑った!
選択問題では選んではいけない「当て馬」としての登場がほとんど!ってひどい!そして、本当にそうなの!

これがでも、笑い事じゃないなぁと思って。
足利義輝が松永久秀に殺されました、って、それはどうして殺されたのか?ちゃんとお飾りじゃない将軍であろうとして、それが出来る能力もあったので邪魔だったから(ざっくり)。なのだけど、このなぜの部分がないと、「将軍だけど殺されちゃったんだー」くらいで終わっちゃってイメージ悪いしつまんない。
これは一例ですが。

それから私、ざっくりの時系列はなんとなく覚えてても年号が苦手でして。
でも、1年単位でも事件や出来事を紐付けていくと、いろんなことがあれ?これって?となるのをすごく実感して、そこもちゃんと見たくなりました。
中浦ジュリアンの刑死と同じ年に、棄教した千々石ミゲルが亡くなってるとか、いろいろな一致点が。
四人それぞれの出来事は把握してたのですけど、こういうところ、雑に見ててとてももったいないことをしていたなと。考察や想像する部分たくさん!


歴史に触れる時のおもしろさは、受け継がれてきたモノの不思議と、資料から生きた人間が見えてくることと思うのですが、この、資料から生きた人間が見えてくるのが、台本を読んでいてキャラクターが命を持ち始めるのにとても似ていて。バックグラウンドや時系列と、行動言葉、ひとつ違うだけで気持ちも変わる。


他、座間プロデューサーさんに金谷先生が舞台などで取り上げて欲しい人物のプレゼンをするコーナーなどもあり。
翻弄される青年、松平容保。
自己主張激しくない優秀な人、山岡鉄舟。
滝沢馬琴の絶筆作品に描かれた陶晴賢(登場人物みんな衆道で悪役で!)。
みんなおもしろそう!

私もつい、大岡忠光をリクエストしてしまうなど……
他、小学生男子の雑賀孫一とかシブイよね!将来楽しみ!

子供の頃見たりビデオ借りて見た時代劇で大岡忠光は悪役イメージ持っていたので(尾張徳川家が悪役にされるみたいな定型)、改めて史実よりで構築された本人の真面目さや苦悩を見たい知りたいな、と。
……こういうの、自分で演じてみたい気持ちも起きるよね。しかし男性なのである。


また次こういうのがあったら行きたいなぁ。金谷先生のファンになりました!

そういえば、先生がスライドで映してた入試問題の中の選択肢で、足利義輝と足利義藤が並んでて「ちょっとそれ同一人物!」と驚いたのだけど、あれ、実際の受験生でよく分かってる子とかテスト中気になってそわそわしちゃうんじゃないの?と思いました。
どこの学校の問題だっけ……
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<一休さんといえば | ホーム | おしらせ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。