げんき☆の花を咲かせたい

声優☆七穂元美のひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

そして

横山先生の水滸伝も読了

豪傑と書いてお人好しと読む、そんな好漢に好感…

…すみませんでした。まだまだ春は遠いのに寒い冗談を…

訳本を初読した小学生時のお気に入りは淋仲だったのですが、横山版では黄信と花栄がいいですね
すごく人間くさいというか人間らしいというか
開き直りが早くてポジティブな雰囲気の花栄と真面目一本槍だけど、情にも熱い黄信の対比が二人の梁山入りのエピソードをすごく鮮やかに見せていて


また数年後に読んだら今度は誰を好きになるのかな

宋江さんや晁蓋さまには私の人間が出来てないのかまだちょっとついていけません。いい人すぎて。はらはらしすぎて疲れる、というのが正しいですが


鉄牛は、はらはらキャラなのに、初読の時も今も好きですね


最初に読んだのが120回本だったせいもあると思いますが

鉄牛の最期は今でも泣きます


しかし、特筆すべきは西遊記か三国志から中国ものに入る人が多い中、水滸伝から入って中国の時代もの大好きになった私は女としていかがなものか…

日本の時代ものでは清水の次郎長とかも好きですよ
鉄牛と石松って同じポジションですよね


久しぶりに比喩でなく「巻置く能わず」状態になりました(土鬼もでしたが)

これから少しずつ横山先生の作品を制覇していきたいですね。今更ですが(人、これを嵌ったという)
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<東風吹かば | ホーム | 唐突ですが>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。